九州大学シンクトロン光利用研究センター

News

2018年10月3日
11月9日(金)から12月26日(水)の期間(月・土・日・祝は除く)で九大BLの利用を希望される方は、利用希望日(第2希望まで含む)を添えて課題別利用計画書(第KUSC2号)を提出して下さい。
【受付は終了しました】

2018年8月20日
新しいホームページを公開しました。
現在、試験運用しながら内容を随時更新しています。

2018年8月20日
平成30年8月及び9月に九州大学ビームラインの利用を希望される方は、riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jp までご連絡下さい。【受付は終了しました】
平成30年11月以降の利用については、9月下旬に利用課題の公募を開始する予定です。

2017年6月19日
センターパンフレットをUPしました。【PDF

2018年1月15日
九州大学エネルギーウィーク2018 シンクロトロン光利用研究センター&超顕微解析研究センター合同シンポジウムが、2月1日(木)に、九州大学伊都キャンパス稲盛財団記念館1階にて開催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2017年10月20日
平成29年度第Ⅲ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※受付は終了しました。

2017年9月22日
佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターにて一般公開が、9月30日(土)に開催されます。
※一般公開受付は終了しました。

2017年6月5日
平成29年度第Ⅱ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※受付は終了しました。

2017年3月9日
平成29年度第Ⅰ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※受付は終了しました。

2017年1月16日
九州大学エネルギーウィーク2017 シンクロトロン光シンポジウムが、2月2日(木)に、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターにて開催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2016年10月24日
平成28年度第Ⅲ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。

2016年6月28日
平成28年度第Ⅱ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※受付は終了しました。

2016年6月27日
九州シンクロトロン光研究センターの研究成果報告会が、8月3日(水)にサンメッセ鳥栖(佐賀県鳥栖市)にて開催されます。
※報告会は終了しました。

2016年5月18日
当センター共催の講演会「東北放射光計画の現状とエンドステーション・ビジョン」が、平成28年5月21日(土)10:00~11:30に、九州大学伊都キャンパスCE41棟1階セミナー室にて開催されます。
※講演会は終了しました。

2016年4月28日
平成28年度第Ⅰ期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※受付は終了しました。

2016年1月5日
平成27年度第Ⅲ期の利用課題の公募は行いません。利用をご希望の方には個別に対応致しますので、riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jpまでご連絡下さい。
※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に変えて送信して下さい。
※受付は終了しました。

2015年11月17日
平成27年度第Ⅱ期の利用課題の公募は行いません。利用をご希望の方には個別に対応致しますので、riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jpまでご連絡下さい。
※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に変えて送信して下さい。
※受付は終了しました。

2015年9月27日
「Chikushi Forum of Environmental and Energy Sciences(故寺岡靖剛教授記念シンポジウム)」が、10月9日(金)に、九州大学筑紫キャンパス共通管理棟3F大会議室にて開催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2015年9月27日
佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターにて一般公開が、10月10日(土)に開催されます。
※一般公開は終了しました。

2015年8月5日
先導物質化学研究所と九州シンクロトロン光研究センター主催の合同シンポジウムが8月28日(金)に、サンメッセ鳥栖(佐賀県鳥栖市)にて開催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2015年7月30日
SPring-8シンポジウム2015が、9月13日(日)~14日(月)に、九州大学伊都キャンパスのカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所にて開催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2015年6月10日
平成27年度第Ⅰ期の利用申請の受付を終了致しました。既に利用希望の連絡を頂いた方までとします。なお、第Ⅱ期の利用期間は、10月下旬から12月末までの予定です。利用申請の要領については、当ホームページ等で周知する予定です。

2015年4月1日
当研究センターのセンター長に副島 雄児 教授(基幹教育院)、副センター長に水野 清義 教授(総合理工学研究院)が就任されました。

2015年4月1日
平成27年度第Ⅰ期の利用課題の公募は行いません。利用をご希望の方には個別で対応致しますので、riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jpまでご連絡下さい。
※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に変えて送信して下さい。
また、本年度より利用料を徴収致します。様式等については後日当ホームページ等で、お知らせ致します。 ※受付は終了しました。

2015年1月21日
九州シンクロトロン光研究センター主催のセミナー「放射光と中性子の産業応用に関するセミナーin博多」が、平成27年2月20日(金)13:00~17:05に、TKPカンファレンスシティ博多のTKPホールにて行われる予定です。
※セミナーは終了しました。

2014年10月1日
当研究センターのセンター長に原田 明 教授(総合理工学研究院)が就任されました。

2014年10月1日
当研究センターのセンター長を務められた寺岡 靖剛 教授が、7月2日(水)にご逝去されました。寺岡 教授は当センターの立ち上げ及び運営に多大なご尽力をされました。当研究センター教職員一同、ご冥福をお祈り申し上げます。

2014年7月3日
8月5日(火)に九州シンクロトロン光研究センター(佐賀県鳥栖市)において合同シンポジウムを開催します。希望される方は詳細リンクから申し込みの上、参加願います。
※シンポジウムは終了しました。

2014年5月22日
平成26年度第 II 期 九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※公募は終了しました。

2014年2月12日
平成26年度第 I 期 九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※公募は終了しました。
(消費税率の改訂に伴い一般利用料金を27000円/時間から28000円/時間に変更しました。3月13日)

2013年12月2日
当センター共催の「日本の科学と工学の原点を学ぶ」と題した講演会が2014年1月24日(金)に、九州大学伊都キャンパスのカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所にて催されます。
※講演会は終了しました。

2013年1月10日
当センター共催の先導物質化学研究所講演会「X線自由電子レーザーによる環境制御ナノイメージング」が、2014年1月22日(水)に九州大学伊都キャンパス CE40棟2Fセミナー室にて催されます。 開催時間が15:30-17:00から15:00-16:30に変更されました。
※講演会は終了しました。

2013年12月27日
当センター主催の「ソフトマテリアル量子ビーム連携ミニシンポジウムI」が2014年1月14 日(火)に、 九州シンクロトロン光研究センター(SAGA-LS)セミナー室Aにて催されます。
※シンポジウムは終了しました。

2013年10月8日
佐賀県立九州シンクロトロン光研究センターにて一般公開が10月26日(土)に開催されます。 九州大学ビームラインの見学ができます。触媒学会の体験教室も催されます。
※一般公開は終了しました。

2013年10月2日
平成25年度第 III 期九州大学ビームライン利用課題の公募を開始しました。
※公募は終了しました。

2013年8月26日
当研究センターの高原淳教授(九州大学先導物質化学研究所所長)の「環境にやさしいソフトマテリアル 材料の開発」の研究に関する研究者インタビューが、SPring8光のひろば、YouTubeのSPring-8 Channelにて掲載されました。

2013年8月26日
当研究センターの大橋弘範助教(九州大学基幹教育院)が研究課題「X線分光法やメスバウアー分光法等 の併用による金担持触媒のキャラクタリゼーション」で日本分析化学会X線分析研究懇談会2013年度 浅田榮一賞を受賞されました。 授賞式は9月25日(水)に、受賞講演は9月26日(木)に、第49回X線分析討論会において行われました。

2013年6月3日
平成25年度第II期九州大学ビームライン利用課題公募を開始しました。
※公募は終了しました。

2013年5月16日
当研究センターの高原淳教授(九州大学先導物質化学研究所所長)が「ソフトマテリアルの 界面ダイナミックスと力学的性質に関する研究」で日本レオロジー学会賞を受賞されました。 授賞式は2013年5月16日開催の同学会通常総会・年会にて行われました。

2013年3月5日
『第1回 グリーンマテリアルワークショップXAFS・SAXS研究会』を開催しました。

2013年2月14日
平成25年度第Ⅰ期九州大学ビームライン利用課題公募を開始しました。
※公募は終了しました。

2012年4月1日
日本放射光学会誌に「九州大学ビームライン(SAGA-LS BL06)の建設と概要」が掲載されました。 (Vol.25,No3/May.2012)

2012年1月17日
『第25回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム』において、九州大学ビームラインを 紹介するポスター発表を行いました。

2011年12月12日
人事公募を開始しました。
※公募は終了しました

2010年3月15日
九州大学シンクロトロン光利用研究センター設立記念講演会を開催しました。

2009年7月13日
佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター(鳥栖市)内に九州大学の硬X線ビームラインが完成し、 完成披露式を行いました。

Contents

Activity

Paper List

Paper List
Read More

Production of Pd(0) bionanoparticles
Naoko Okibe, Associate Professor

Production of Pd(0) bionanoparticles
Read More

Immobilization of selenium as a radionuclide surrogate in cement related materials for burying after solidification
Binglin Guo, D3
Keiko Sasaki, Professor

Immobilization of selenium as a radionuclide surrogate in cement related materials for burying after solidification
Read More

XAFS測定を利用したAuクラスター担持LDHナノシート電極触媒における活性向上メカニズムの解明
カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
教授 山内美穂

XAFS測定を利用したAuクラスター担持LDHナノシート電極触媒における活性向上メカニズムの解明
Read More

エネルギーウィーク報告
シンクロトロン光利用研究センター

エネルギーウィーク報告
Read More

タイトル
名前

Read More

タイトル
名前

Read More

タイトル
名前

Read More
PAGETOP