九州大学シンクトロン光利用研究センター

About RCSLA

  • Overview

     高強度、高指向性、エネルギー連続性の特徴を持つシンクロトロン光を利用した分析、微細加工技術は、最先端の材料科学、物質科学、分析科学等の分野において不可欠となっています。九州においては、平成18年、鳥栖市に九州初の佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター(「佐賀LS」)が完成し、九州大学においても、平成20年度 国立大学法人施設整備費補助金(大型特別機械整備費)により「高輝度放射光利用実験装置」として九州大学ビームライン建設が予算承認され、学内のスタートアップ経費の援助を得て、佐賀LS内に九州大学ビームラインと物質のナノ構造解析装置としてのX線吸収微細構造測定システム(XAFS)、メソ構造解析装置としての小角散乱測定システム(SAXS)が建設されました。

     当該センターは、「九州大学の世界を先導するマテリアル研究力」と「放射光分析」のフュージョンによる国際水準の教育研究の展開をミッションに掲げ、ソフト(人材、実績)とハード(最先端研究設備)を結集してマテリアル研究における世界最高の教育研究の展開を目指しています。また、SAGA-LSを中心とした地域・国内連携、アジアを中心とした国際連携を通じて、マテリアルイノベーション、グローバル人材育成の世界的中核拠点の形成を目指しています。

  • Organization

    センター長 教授 副島 雄児 (基幹教育院)
    副センター長 教授 永長 久寛 (総合理工学研究院)
    教授 徳永 信 (理学研究院)
    環境マテリアル研究部門 教授 永長 久寛 (総合理工学研究院)
    教授 戸田 裕之 (工学研究院)
    教授 石原 達己 (工学研究院)
    エネルギーマテリアル研究部門 教授 浅野 種正 (システム情報科学研究院)
    教授 松村 晶 (工学研究院)
    教授 柿本 浩一 (応用力学研究所)
    教授 岡田 重人 (先導物質化学研究所)
    教授 大瀧 倫卓 (総合理工学研究院)
    ソフト・バイオマテリアル研究部門 教授 高原 淳 (先導物質化学研究所)
    教授 神田 大輔 (生体防御医学研究所)
    教授 瀧上 隆智 (基幹教育院)
    准教授 高橋 良彰 (先導物質化学研究所)
    准教授 小椎尾 謙 (先導物質化学研究所)
    准教授 谷口 育雄 (I2CNER)
    基盤研究部門 教授 原田 明 (総合理工学研究院)
    教授 副島 雄児 (基幹教育院)
    教授 徳永 信 (理学研究院)
    准教授 村山 美乃 (理学研究院)
    准教授 吉武 剛 (総合理工学研究院)
    准教授 西堀 麻衣子 (総合理工学研究院)
    技術開発研究部門 教授 原 一広 (工学研究院)
    客員教授 岡島 敏浩 (九州シンクロトロン光研究センター)
    准教授 岡部 弘高 (工学研究院)
    准教授 杉山 武晴 <センター専任>
    助教 吉岡 聰 (工学研究院)
    助教 石岡 寿雄 (総合理工学研究院)
    協力教員・スタッフ 事務補佐員 久保 奈央 <センター専任>
PAGETOP