本文へスキップ
リンク個人情報保護方針
       

利用案内

九州大学ビームラインでは、公共等利用・一般利用を利用区分とし、XAFS(X線吸収分光)およびSAXS(小角X線散乱)測定が可能です通常、年3回の公募を実施いたします。公募については、ホームページでお知らせいたします。
平成29年度第Ⅲ期九州大学ビームラインの利用についてはこちら
 
利用時間

SAGA-LS運転期間中の以下のとおりです。
利用時間
 火~金 10:30~21:00 

SAGA-LS光源運転スケジュールはこちら

利用料金

利用区分および利用料は以下のとおりです。
 利用区分   利用料
 公共等利用 大学および公共研究機関のうち、利用情報の開示が前提となる利用区分。  35,000円/日
一般利用  上記以外の利用区分。   230,000円/日

*課題の優先度は、公共等利用、一般利用となります。原則、依頼測定は受け付けません。
*公共等利用は原則、1日10時間/35,000円を利用料としてご負担いただきます。
*学内利用料金については、次の6種類の経費「運営費交付金、授業料/自己収入(校費)、使途特定寄付金、
科学研究費、共同研究費、受託研究費」で支払うことが可能です。
3月分利用料は「授業料/自己収入(校費)、使途特定寄付金」に限定されます。
**九州大学ビームライン利用規定はこちら

利用の流れ

はじめに:SAGA-LSにおいて実験を行う際には、利用日の10日前までに放射線業務従事者登録申請書の提出が必要となります。所属機関での放射線業務従事者登録手続きには日数を要する場合がありますので、実験予定日から十分さかのぼって手続きを行ってください
【→放射線業務従事者登録について

1.利用申請

申込みはe-mailのみの受け付けとします。九州大学BL利用申請書 (和文)、九州大学BL利用申請書 (英文) を下記メールアドレスまでご送付ください。
送付先メールアドレス:riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jp
※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に 変えて送信してください。

2.採択

採択については、申請書を検討した上で決定します。

3.日程調整

採否決定後、マシンタイムの割り振りなどを行います。日程調整後、実験責任者へ通知いたします。

4.書類提出

指定の期日までに以下の書類を九大BLまたはSAGA-LSへ提出してください。
九大BL提出
【書類送付先:riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jp
※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に 変えて送信してください。
1.九州大学BL課題別利用計画書 (和文)、九州大学BL課題別利用計画書 (英文)
 (
実験責任者が実験14日前までに提出)
2.利用料支払確認書 (実験責任者が実験14日前までに提出)
利用料支払確認書の様式については後日アップロードします。


SAGA-LS提出
【書類送付先:
〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘八丁目7番地 九州シンクロトロン光研究センター 利用企画課】

1.放射線業務従事者登録申請書 実験者全員が実験10日前までに提出)
2.入退管理カード発行願
実験者全員が実験10日前までに提出)
薬品等を持込む場合は、SAGA-LSの基準に従い書類を提出してください。【→薬品関係提出書類
SAGA-LS宿泊施設をご利用の方は、SAGA-LSへご相談ください。【→宿泊施設情報

※安全教育受講の予約:年度内で初めての利用の方は、利用当日SAGA-LS内において安全教育を受講していただきます。受講には予約が必要となります。該当者にはSAGA-LSから通知がきますので、必ず申し込みを行ってください。

5.利用当日

実験前の手続き】
・SAGA-LS内において安全教育受講(30分)※年度内で初めての利用の方のみ
・SAGA-LS利用企画課(2階)において入退管理カード、ガラスバッジ受け取り

【実験
・九州大学ビームライン担当者の指示に従って安全に実験を行ってください。

【実験後の手続き】
・SAGA-LS利用企画課(2階)へ入退管理カード、ガラスバッジの返却
SAGA-LSに持ち込まれた薬品、試料等は必ず持ち帰って下さい。

6.報告書提出

実験責任者は、実験後60日以内に九州大学BL利用報告書 (和文)、九州大学BL利用報告書 (英文) を九大BLへ提出してください。
※研究成果を発表する際には、九大BLを利用した実験結果であることに加えて課題番号を明記してください。学術論文等における謝辞の文面としては、以下の例文をご参考願います。

謝辞の記載について
(邦文)本研究のXAFS(及びSAXS)の実験(の一部)は,九州大学ビームライン(SAGA-LS/BL06)にて,課題番号○○○○○○で実施されたものである.
(英文)A part of/Parts of) the XAFS (and SAXS) experiments were performed at Kyushu University Beamline (SAGA-LS /BL06) with the proposal of No.





PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
左記ボタンよりダウンロードをしてください。

【お問い合わせ】
九州大学シンクロトロン光利用研究センター事務室
〒816-8505 福岡県春日市春日公園6丁目1番地
TEL/FAX: 092-583-7643 
e-mail : riyou(a)rcsla.kyushu-u.ac.jp【利用相談、装置に関するお問い合わせはこちら】
      office(a)rcsla.kyushu-u.ac.jp【センター全般に関するお問い合わせはこちら】
     ※メールを送られる際は、(a)を小文字の@に 変えて送信してください。


※提出期限を過ぎると、利用できない場合がありますので、必ず期日を守って提出してください。